今出会い系で使える!みたくヒットしている出会いアプリはこの1〜2年で評判が上がってきたモノが多いので、知らない人は全く知らないってパターンも多いみたい。
アプリも色々で、ランダムにチャット相手を結び付けられるような、真剣な異性との出会い、というよりは、遊びの側面が強い出会えるアプリだったり、それこそ、出会い系サイトと同じ機能を持ったアプリや、そのもの出会い系サイトの会社が出しているアプリまで、色々な種類がリリースされている。
そうなってくると、素人にはどれを選べば自分の目的に合った出会いアプリなのか?というのも判らない事になっちゃう。
LINEだって結局それ単体では出会いアプリでも何でもなくて、単なる通話アプリ。
だけど、外部サイトや活用するアプリで異性のIDを知る事で、出会いが成立するようなものだから、単純に出会いアプリって考えちゃうと間違えちゃう。
おまけに法令で出会い系サイトなんかに義務付けられている年齢認証や本人確認なんかとは無縁の状態で使えちゃうという危険付き。
こういう18歳未満の少女と出会いを求める大人が同じ環境で出会う現状がニュースなんかでLINEの出会いが援助交際の温床に!みたいな事につながっているという事。
もっと言うと、本当の出会いアプリを謳っているものも少し怪しいのが有るみたい。
本来なら警察庁への届出と認可が必要な異性の紹介事業を、出会いアプリという新しい形態を良いことに行っていないと思われるモノまで見受けられるから。
そういうアプリもちゃんと課金制度があって商売として儲けているのにね。
こういう出会いアプリは遠くない未来に警察に目を付けられて、使えなくされちゃう(検挙されちゃう)のでは無いかな?と、思う。
まあ、使っているだけでは利用者が警察に捕まる事は無いと思うけど、一所懸命課金してもパーになる覚悟も要るのかもね。