LINEは当然、出会いアプリなどでは無いんだけど、世間のニュースを騒がせている事件ではLINEが良く登場します。
何故なのでしょう?
LINEはユニークなスタンプという装飾+チャットというアイデアで爆発的なユーザ数を獲得しました。
私もネットゲー友なんかを友録いて使ってるんだけど、ホント楽しい。
でも、私的にはリアル友と共通の場合が多いので、出会い系アプリのように使うにはちょっと・・・なんだけどね。
で、多くのユーザが居る、と言うことは、出会いのパイも多いということ。
LINEはIDさえ判ればコミュニケーションが取れるアプリなので、好みの相手のIDさえ知れたら、直接会話をする手段を手に入れたのと同じと言うこと。
そして登場したのが、好みの相手を探すLINEのID掲示板&掲示板アプリなんです。
当然、好みの相手、とは、利害の一致する相手とも言えるので、体を売ってでもお金を得たい少女、と、お金を払ってでも若い女の子を求める男を結びつける目的に使われるのに、時間はかからなかった、という事なんだよね。
で、また、LINEってスタンプのおかげで中高生の若い女の子に人気の出会えるアプリだったので、児童買春の温床として大きく成長してしまった事も有るんだと思う。
結局、LINEの開発・提供元のNHN Japanが児童売春の温床の出会いアプリ化を危惧して18歳未満のID検索機能を使えなくしているけど、非公認でかつ規約違反のID掲示板のほうを何とかするか、LINEの機能的制限を導入しないと問題の解消は難しいと思うけどね。
ただ、逮捕者も出ているし、大手企業でも有るので、もう少し突っ込んだ対策を打って、NHN Japanにとって看板アプリのLINEを出会いアプリ化から守る何らかの手を打ってくるかも知れないね。